News


1/12(火)-1/24(日)まで事務局はお休みです

 

1/12-1/24まで事務局はお休みとなります。この間お問合せ、発送作業等できかねますが、ご了承ください。

 

【東京湧水めぐり60】

この冬は湧水トリップを楽しむ方が多く、またお申込みもいただきありがとうございます。来週1/12(火)-1/24(日)の間は発送・お問合せはお休みとなります。この間にコースを周りたい!という方は、今週中のお申込み、お振込をお願いします。

 

古地図ってどんな地図?その2

補欠の湧水3つがある渋谷周辺の迅速測図です。

地形がはっきりしているので等高線も多いですね。道、等高線、川などわかりずらいですが、周囲にヒントがあります。

橋、水車、建物などなど!今の地形図の地図記号と同じ神社やお寺の記号も。でも向きが違うとか。ちなみにわたしのお気に入りは水車です。

 

植生も前回出てこなかった、草地や茶畑、竹林がありますね。色が塗られています。

 

さらに深く掘り下げたいところですが、つづきは昨日お知らせした8/29オンライン講座”初めての古地図(迅速測図)”にて!

https://www.teamajari.com/event/co2020/0829/

 

 

オンタイムでご都合が悪ければ、後日動画視聴での参加も可能です。

 

チャレンジ!オンライン2020

フィールドでナビゲーションを学び楽しんだりと、いつもの年なら4月からおこなってきたチャレンジ!ナビゲーション。今はなかなかそれが難しい。ならば、まずは先にオンラインで学び、タイミングが整ったときに一緒にフィールドに出よう!とオンライン講習をすることにしました。

https://www.teamajari.com/event/co2020/

 

 

TSUMEROGE、東京湧水めぐり60につづき、ナビゲーションにチャレンジし、楽しみたいみなさんへお送りする第3弾。3つのオンライン講習をもうけました。シリーズとして続編も企画中。

 

わたしたちTEAM阿闍梨もチャレンジングです。

お問合せ、東京湧水めぐり60印刷・発送お休みのお知らせ

8/12(水)ー8/16(日)までお申込みの地図・解説等の一式印刷・送付についてお休みとなります。

お急ぎの方はお手数ですが本日中にお申込み、お振込をお願いいたします。

 

またTEAM阿闍梨宛のお問い合わせ等についても返信は8/17(月)以降となりますことご了承ください。

古地図ってどんな地図?その1

古地図、古地図っていうけどどんな地図?

明治後期から現在の地形図につながるきっちりとした測量地図の前に、とにかくインフラ整備諸々のために地図が必要、作れ!(やや乱暴)といってフランス式にのっとって手書きで作られたのが明治初期ー中期の迅速測図です。正確な測量ではないためやや歪んでいたりもしますが、手書きゆえの味わいもり、その美しさにはうっとりしていまいます。

  

今に通じる地図記号もありますが、独特なものもあり。どう表しているか書いてみました。まだまだあるので、その2に続きます。

道の描き方は今に通じますね。幅広な道ほどやはり太く広く書いてあります。が、面白いのは駄獣が通れる道!今でいう軽車道のようなものでしょうか。明治時代に貨物を運ぶのは車ではなく”馬”が主だったからでしょう。

 

迅速測図の成り立ちについて詳細はこちらから。国土地理院よりPDF

https://www.gsi.go.jp/common/000207268.pdf

 

なおこの地図は、残念ながら60の湧水に入らなった補欠の湧水として(スタンプカードにもあります)、webでダウンロードできるようになっています。いきなりコースを巡るのはちょっと、、という方はお試しでどうぞ。

https://www.teamajari.com/event/tokyo60sprigstour/

 

ダウンロード
補欠1清水窪マップ.pdf
PDFファイル 1.5 MB

2020.6.25

6つのうち残り3つのリリースに向けて、今日は”オーセンティック白黒”の試走をし、NaviTabiアプリで使うための写真を撮ってきました。難しいと言われているCP2で大きなミスをしてしまいました。僕でさえこれ。みなさんにも難しいかもしれない、少し情報提供をしてます。

 

つづく