what's new

チャレンジ!ナビゲーション2016

チャレンジ!ナビゲーションは講習やナビゲーションイベントの参加、その振り返りを通して、参加者のみなさんと楽しみながら、ナビゲーションのスキルを磨く場です。

9/19(月祝) ランニング&ナビゲーション

未定 東京古地図 x 地形萌え散歩

 

イベント(主催、運営、協力など)

オリエンテーリングってどんなナビゲーションスポーツ?(世界のトップシーンより)


ナビゲーションイベント情報



NPO法人M-nopのサイトへ
NPO法人M-nopのサイトへ
NPO法人M-nopのサイトへ
NPO法人M-nopのサイトへ
NPO法人M-nopのサイトへ
NPO法人M-nopのサイトへ



TEAM阿闍梨 日々の活動 

過去のニュースはこちらから。News 2012.5~

朝霧高原トレイルランニングレース2016

2016.9.10-11朝霧高原トレイルランニングレース

朝霧高原周辺を駆け巡るトレイルランレースが今年も開催。ビギナーから熟練ランナーまで、最後は名物となっている”枯れ沢”を体験することができる人気のレースです。

 

http://www.asagiri.camping.or.jp/diary/pg690.html

 

晴れれば雄大な富士を見ながら気持ちよく走れるでしょう。

コースプロデュースは村越。前日9/10(土)はランナーのための地図読み講習を田島が担当します。

 

山で遊ぶのなら走るのなら自らの安全管理が大事。事前のコースプランもできより自由にアウトドアフィールドで楽しむことができるでしょう。

アットホームな2日間のイベント、朝霧高原ですごすのはいかがでしょうか。

八王子フォトロゲイニングで3位入賞

6/25(土)に開催された八王子フォトロゲイニングにリーダー村越と田島が半年ぶりにチームを組んで出場、激戦混合で3位入賞した。

 

2人は来月7/23-24、オーストラリアのNorthern Territory州のAlice Springsから約80㎞離れたエリアで開催されるロゲイニング世界選手権に出場する。競技時間は24時間。1か月後に迫るレースに向けてお互いのコンディション等をチェックしようと、なんとかスケジュールがあったこの日に出走。

いかに効率よくポイントを取っていくか、走りながらも臨機応変にルートを変えていき、2人ともいい内容だったとのこと。しかし往年のライバルであるチーム遠足のフィジカルを生かしたパワールートには及ばず。

 

八王子のエリアは街だけでなく、オリエンテーリングでおなじみでもある滝山城址方面他、里山も多く、歴史もあり、バラエティ豊かなエリア、ナビゲーションを楽しむことができた。今回の大会はオリエンテーリング日本導入50周年記念行事でもあり、大会にはおよそ220名が参加した。

 

八王子ロゲイニングウェブサイトhttp://hachioji-rogaining-2016.jimdo.com/

 

ロゲイニング世界選手権2016 http://worldrogainingchamps.com.au/

チャレンジ!ナビゲーション2016 東京古地図 x 地形萌えラン

今回で7回目となるリーダー村越が担当している東京古地図 x 地形萌えラン。明治時最初期の迅速地図を使ってポイントごとにナビゲーションしていくイベントです。

今回は中野周辺。武蔵野台地に残る地形を手掛かりに江戸期から残る神社や仏閣、湧水跡 を巡りました。

 
限られた地図情報、現地のわかる情報から現在地を確定したり事前のプランをしていきます。慣れてくると現在の都市が茶畑や竹林に見え、トレイルを走っているような感覚になるかもしれないですね。

 

また今回は今年のオリエンテーリング世界選手権日本代表でTEAM阿闍梨のサポート選手の尾崎弘和選手が参加。初見ながらもトップナビゲーターとしての実力を披露しました。

ブラタモリのようでありながら、さらに古い地図を片手に自らナビゲーションしていくことは、より楽しみを広げられるかもしれません。次回は12月、ランではなくお散歩を予定しています。お楽しみに。

イベントの写真:http://www.teamajari.com/photo/20160423/ 

イベントサイト:
http://www.teamajari.com/seminar/challenge2016/0423/

茶の里いるまオリエンテーリング大会チャレンジナビゲーションクラス

スタート直後の柳下。1時間45分で優勝。村越は1時間55分
スタート直後の柳下。1時間45分で優勝。村越は1時間55分

この週末、メンバー大忙しでした。

まずは昨日4/24(日)に東京都青梅市にて開催された茶の里いるまオリエンテーリング大会(入間市オリエンテーリングクラブ主催)。われらのホームの日和田山よりも激斜面のエリアでしょうか。。この大会ではコントロールの位置はやや簡単、ルートチョイスを選択させ長い距離のコースコンセプトのチャレンジナビゲーションクラスが設定されました。

田島はコース全般他を監修、柳下が招待選手、村越は安全管理チェックの前走として走りました(村越は8番でコントロールチェックを忘れたためP1)。またClub阿闍梨メンバーも多く参加、さがさん、たむらさんが表彰台にあがりました。

 

大会ウェブサイト・速報リザルトはこちら。後日2人のルート、ワンポイント解説等が掲載予定です

http://www.orienteering.com/~iruma/

 

なお、このエリアは大会当日のみの使用となっています。後日復習と称して勝手に入るのはやめてください。当日使用のみの地元渉外をしているためです。もし練習で入りたい場合は主催クラブに必ず連絡しましょう。今後気持ちよくナビゲーションスポーツを続けられるためにもお願いします。

 

以下、GPSを装着した村越と柳下のルートが掲載されたURLです。

ーー村越よりーー

昨日茶の里いるま大会では、高島和宏君提供のGPトラッキングを実施しました。「玉露」コースとチャレンジナヴィゲーションコースの上位のタイム者のトラックを比較できます。上位者は基本的には互角と考えらるので、ルートの特性(登り、ナヴィゲーション)の違いによる走行スピードの差についても興味ある結果が得られています。

玉露コース 4名 福井 堀田 祐谷 皆川

http://goo.gl/5z89MG

 

チャレナビ 2名 柳下 村越

http://goo.gl/IaIC1h

ーーー

尾崎弘和選手がサポート選手に

2015年世界選手権スプリント予選: photo by World of O: http://runners.worldofo.com/hirokazuosaki.html
2015年世界選手権スプリント予選: photo by World of O: http://runners.worldofo.com/hirokazuosaki.html

3月よりオリエンテーリングの現全日本チャンピオンである尾崎弘和選手のサポートを1年間サポートすることになりました。

海外遠征や大会出場のバックアップをし、選手活動の日々をお知らせしていきます。また尾崎選手にはTEAM阿闍梨のイベント時、ゲストとして参加していただく予定です。

 

TEAM阿闍梨の活動は2005年の奥武蔵レクロゲイニングからスタートしました。最初はナビゲーションの楽しさ、アウトドアでの重要性を伝えていくことが始まりでした。次にそのナビゲーションを楽しむ仲間を作り出していくことをしました。それが今年4年目になるClub阿闍梨の活動です。そしてその仲間たちが、身近にいるトップ選手を応援すること、応援したい選手を作り出すこと、また世界で戦うために日々切磋琢磨している若い選手をサポートすることが、次の活動と考えています。これが今回の尾崎選手のサポートです。選手個人の努力は計り知れないものがあり、時に厳しいものがあります。そのような時、周囲の応援は力になるに違いありません。リーダー村越をはじめとしたチームメンバーも世界で戦ってきて、どれだけ励みになったか身をもって知っています。

 

資金面サポートは、今までTEAM阿闍梨がイベント開催や携わった事業の収益から出されます。多くのみなさんに参加していただいたイベントの参加費も一部含まれています。よって尾崎選手はみなさんのサポート選手でもあるのです。

 

まずは今週末3/20(日)、愛知県岡崎市で開催される全日本選手権が開催。連覇を狙って尾崎選手が出場します。

小泉も出場しライバルとなるレース、どのような戦いになるでしょうか。

 

 

 

尾崎 弘和(おさきひろかず)

1991年生まれ 千葉県出身 所属 トータス

 

中学よりオリエンテーリングを始める。世界の舞台で戦うため、オリエンテーリングの本場であり強国の北欧スウェーデンに留学もしている。現在、早稲田大学在学。

 

目標

オリエンテーリング世界選手権でアジア歴代最高位をめざす。質の高い選手が揃うヨーロッパの国際大会や、強豪国でのトレーニングキャンプ参加などで経験を重ね、アジア選手の壁であった世界選手権20位以内を実現する。同時に国内外でオリエンテーリングの認知度を高めるための取り組みを行う。

 

国際

2013-15年 世界選手権日本代表

2012,14年 世界学生選手権(ユニバーシアード)日本代表

2010年 ジュニア世界選手権日本代表

 

国内

2015年 全日本選手権スプリントディスタンス 優勝

2015年 全日本選手権ロングディスタンス 優勝

2013年 日本学生選手権ロングディスタンス 優勝